FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  ● 育成状況 >  発眼卵の孵化及び成魚(梅野川C&R区間専用)の育成状況です!

発眼卵の孵化及び成魚(梅野川C&R区間専用)の育成状況です!

津江漁協‐2019年用-発眼卵育成-01 ● 生まれたてのヤマメの稚魚/この小さな一つ一つがヤマメという命



11月も後半に入り奥津江は随分冷え込んできました。

お客様で賑わっていた河川も今は終わりつつある紅葉の谷間を静かに流れています。

このブログをご覧の皆様も、本格的な冬支度を進めていらっしゃるころではないかと思います。

そんな新たな季節の訪れを感じつつ、現在、等漁協は

来年用のヤマメの発眼卵及び梅野川C&R区間に放流するための成魚を鋭意育成しています!



津江漁協‐2019年用-発眼卵育成-02 ● 孵化から暫く経った稚魚たち/さいのう(栄養袋)が小さくなり体色が出始めた



先ず、発眼卵についてですが、10月後半に約80,000粒を購入。

11月の初めにほぼすべての孵化が完了し、現在は、おなかのさいのうを吸収している状況です。

生まれたての頃に比べやや魚っぽくなってきており、12月に入る頃には餌付けを始められるでしょう。

彼らの誕生を見ることができるのは育成者としての大きな楽しみの一つですので、

ヤマメを愛する釣り人の皆様も、是非、ご覧になってください。



津江漁協‐2019年用-発眼卵育成-04 ● 孵化槽を開け中の様子をチェックする/発眼卵は暗所に設置した専用の孵化槽で育成する





そして! 梅野川C&R区間用の成魚についてですが、

小さなもので約15~17cm、大きなもので約23~24cmに成長しており、

前回採寸した時に比べ、全体的に太い魚が増え順調に育っています。

所謂「ヤマメらしさ」を感じるサイズが増えてきた、といったところでしょうか?

来年に向け、これからも皆様に楽しんでいただけるよう育成に励みたいと思います!




梅野川-2019年用成魚-01 ● 撮影用に採捕した成魚たち/前回に比べヤマメらしさを感じる太い個体が増えてきた。育成池の中にはさらに大きなものも



スポンサーサイト



[ 2018年11月20日 17:37 ] カテゴリ:● 育成状況 | TB(-) | CM(-)