FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  ● 遊漁状況  >  梅野川C&R区間 >  2013年を振り返って/梅野川C&R区間、河川変遷と遊漁状況のまとめ(一)

2013年を振り返って/梅野川C&R区間、河川変遷と遊漁状況のまとめ(一)

 九月後半、日中は暑さが残るものの、朝夕の冷え込みに初秋の訪れを感じている今日このごろ。

鮎釣りは最盛期を終え、渓流釣りは禁漁が目前に迫っているからでしょうか、

特に梅野川C&R区間をはじめとした渓流は平日・休日問わず、多くのお客様で賑わっています。  

 さて、そんな中、TRA釣り場造り委員会の文月から、梅野川C&R区間における河川変遷と遊漁状況のまとめが

届きましたので、「河川変遷」、「遊漁状況」、の二項に分割し、数頁にわたりご紹介します。


2013年/梅野川C&R区間/河川変遷総合




はじめに

今年の梅野川C&R区間は、昨年の九州北部豪雨の影響とそれに伴う工事に翻弄された年。

豪雨の影響については昨年から心配されていたが、実際、豪雨後、渓相は様変わりし、

被災箇所(工事個所)の多さから工事期間が長引き、最も利用者の多い早春から大型連休にかけて、

それ以降も、梅雨明け頃まで頻繁に濁りのでる状況が続いたことは多くの遊漁者を悩ませた。



2013年/梅野川/河川変遷分割-1




①育成場直上の橋周辺

同区間でも人気の場所であるため、馴染み深い人も多いと思うが、

工事期間中はご覧のとおりの有様で、工事後も暫くは人工的な渓相となっていた。

現在は、主に今年の六月末・梅雨後期の大雨、八月末~九月初めにかけての大雨による増水で、

土砂が流され不自然さは解消されている。


②中間育成場前の淵

ここも人気のポイントの一つだが、豪雨の被害を受けた。

工事の際、土砂の流入で浅くなっていた淵を重機を用いて浚渫してもらい現在の姿に。


③禁漁区下、民家周辺

良いポイントが続く、フライ・テンカラ・ルアーともに利用者の多い区間。

工事の際は流れ自体を変える大掛かりなものとなったが、

現在では先述の二度の大雨で不自然さは解消されている。




2013年/梅野川/河川変遷分割-2




④流木止め直上、民家横スロープ入口周辺

工事期間中、重機の搬入口となっていたため周辺の渓相は一変した。

現在は、人工的な不自然さは解消されたものの、

先述の梅雨後期の大雨、八月末~九月初めの大雨による影響が著しく現れている。


⑤下流、山本二号橋周辺

支流の藤蔵川を工事するため、この区間も重機の出し入れが頻繁に行われた。

現在は、土砂の流入等、今年の大雨による渓相の変化が著しい。


⑥間地橋直上周辺

これは、同区間の画像を用いて、通常の状態と濁りが出ている状態を比較してみたもの。

尚、濁りについては本川の工事の他に、支流で行われた工事の影響もうけたため、

同区間全体が濁ることもあれば、部分的に濁ることもあった。




総評

復旧工事による渓相の不自然さは既に解消されており、

濁りについても、梅雨明け以降、極端な濁りは発生していない。

しかし、土砂の流入によって河川全体が浅くなった印象がある。

この状態も、今後に続く河川変遷の一部と考えれば一つの過渡期といえるが、

魚の餌となる水生昆虫の減少やポイントの減少等、

河川の変化が遊漁に与える影響に注目していきたい。

(遊漁状況へ続く)


● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口



スポンサーサイト



[ 2013年09月21日 12:00 ] カテゴリ: 梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)