FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  ● お知らせ >  平成25年度、管轄内、外来魚駆除試験を実施しました!

平成25年度、管轄内、外来魚駆除試験を実施しました!

駆除/写真集合
● 電気ショッカーボートを用いた一連の作業風景/①ボート(全国内水面漁連所有)をトラックで運んでくる ②ボートを皆で組み立てる
③すくう係りがポイントを指示、操船してもらって電流を流す。水中で一瞬気絶した魚をすくうには反射神経と共にタモを振り回す腕力が必要





 先日の8月7日(水)・8日(木)に、今年で3年目の電気ショッカーボートによる外来魚駆除試験を、

漁協、大分県農林水産研究指導センター水産研究部、津江リバーアクトのメンバーでおこないました。

 今年はダムの貯水位が例年に比べ高いため、駆除範囲が広く深くなり、主な採捕対象である

ブラックバスは、一日目/21尾、二日目/21尾、計42尾という予想を下回る採捕数となりました。

今後は、延縄を用いて引き続き駆除をおこなう予定です。




駆除/水揚げ/一日目
● 一日目/(上)午前の採捕結果9尾 (下)午後の採捕結果12尾

駆除/水揚げ/二日目
● 二日目/採捕結果 21尾(タバコのケースは10cm)




 尚、この電気ショッカーボートによる外来魚駆除試験は大分県内各所で今後も行われます。

大分県農林水産研究指導センター水産研究部の方々、津江リバーアクトのメンバー、

この度は、炎天下のなかお疲れさまでした!




駆除/作業中-2a
● 管轄内の水産資源を守るため、外来魚の駆除は今後も必要と考えている



● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

スポンサーサイト



[ 2013年08月10日 14:49 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)