FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  ● お知らせ >  『漁協って、どんな職場?』 高等学校の生徒による職場見学

『漁協って、どんな職場?』 高等学校の生徒による職場見学

職場見学/ハウス内
● 職場見学にきた日田三隈高等学校の生徒さんと日田市農業振興課の職員さん



 先日、7月31日(水)に、大分県立日田三隈高等学校の2年の生徒さんが

日田市農業振興課の方とともに、中間育成施設へ職場見学にいらっしゃいました。

今回は、主に魚の育成についてのお話や施設のご紹介などをおこないましたが、

この生徒さんは、今まで「アユやヤマメを、見たことも食べたこともない」ということで、

実際に育成場の魚に触れてもらい、帰りには、水産加工業の側面を知っていただくために

特製の甘露煮やヤマメのイクラを、お土産としてお渡ししました。

 当漁協にとって、アユやヤマメの育成という分野は内水面事業の一部分ですが、

育成を生業としたいと思う人間にとって、「なぜ、どうやって魚を育てるのか?」ということを考え、

実際に現場(育成場等)へ足を運んでみる、ということはとても重要なことであり、

これは、他の職業へ就く際にも当てはめ得る考え方だと思います。

そういう意味で、今回の体験が、将来おこなわれる生徒さんの職業選択の際に、

少しでもお役に立てることになれば幸いです。

こちらも内水面事業に興味を持つ若い方とお会いし、お話をすることができて、大変、刺激を受けました。

見学にいらっしゃった、日田三隈高等学校の生徒さん、頑張ってくださいね!

引率の日田市農業振興課の方もお疲れ様でした。



職場見学/集合写真
● 給餌を体験中の生徒さん。 熱心に話しを聞き、写真を撮る姿に感心しました。 応援しています!



● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

スポンサーサイト



[ 2013年08月03日 12:01 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)