FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  ● 遊漁状況  >  梅野川C&R区間 >  大分県・梅野川C&R区間、夏ヤマメにリールを鳴らして!(一)

大分県・梅野川C&R区間、夏ヤマメにリールを鳴らして!(一)

2013-7-梅野川-風景-縦-1a
               ● 梅野川C&R区間、間地橋周辺/奥津江はもう真夏。流れを包む渓畔林はすっかり濃くなっている



 ようやく梅雨が明けましたね!  

梅雨の末期に大雨が降ることは、奥津江の気候的に珍しいことではありませんが、

昨年の豪雨被害のこともあり、「降るだけ降って、去っていった」という乱暴な梅雨の開け方に、

漁協として、奥津江の住人として、今年も、やきもきしていた次第です。

 さて、そんな梅雨明け直後、先の大雨による増水が収まっていない水勢激しい頃の

フライ・フィッシングによるC&R区間のリポートが届いています。 簡単に状況を説明しますと、

イヴニングに上流、翌、早朝、間地橋から直上の出入り口までを釣って納竿したそうです。

当日は増水が激しく、多くのポイントがつぶれており、「竿が出せるところだけ拾っていった」、

ということです。 また、「最近まで残っていた工事跡はきれいに流されているものの、

渓相が大きく変化しており、川床が安定しておらず遡行は要注意」、

「工事等の影響か、突然、激しく濁りだすこともある」、とのことですので、釣行の際の参考にしてください。



2013-7-梅野川-33cm-縦-2a
● 良い場所に縄張りを構えていた良型/「岩の作り出すヨレから現れドライフライを一飲み」


2013-7-梅野川-33cm-横-2a
● 増水や川床の変化に合わせて保護色をだしている良型/しっかり回復しており、驚くほど逞しくなっていた


 夕刻、竿を絞り込んだ、33cmの夏ヤマメ。

「谷間に響くひぐらしの蝉時雨が素敵でした」、とのこと。 (二)へ続きます!



● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


スポンサーサイト



[ 2013年07月12日 12:09 ] カテゴリ: 梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)