FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  ● 遊漁状況  >  渓流釣り >  FLY FISHINGで奥津江の渓を釣り歩き!

FLY FISHINGで奥津江の渓を釣り歩き!

 みなさん、連休、如何お過ごしでしょうか? GWも後半を迎えますね。

先に紹介した梅野川C&R区間も、連日、多くのお客様で賑わっており、良いサイズもあがっているようです。

しかし、人の多さ・プレッシャー・タイミング等で、なかなか思うような釣りができない方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか? そんなときは、一般の河川に足を運んでみてはいかがでしょうか。

特に年券を購入されている方には、シーズンを通して管轄内を広く釣り歩いてみることをおススメします。

 一般の河川は、通常の遊漁規則のみであるため、規制区(C&R区間等)とは違い、釣獲目的のお客様が多く、

魚の減少も早いようですが、毎年、各河川に多くの稚魚を放流していることもあり、

「魚がいない」、「釣りきられる」、ということは、まず、無いといえるでしょう。 

エサ釣りのお客様を中心に、約16~20cmのヤマメが春先から上流域で多く釣られているとも聞きます。 

シーズンが進めば数釣りはできないかもしれませんが、思わぬような魚との出会いもあるようですから、

連休を手始めに、広くチャレンジしてみてはいかがでしょうか!



奥津江-ヤマメ-4-24-縦a
                   ● 丸々と肥えた嬉しい一尾。一般河川は稚魚放流された野性味のある魚が釣れるのも魅力

奥津江-ヤマメ-4-24-横a
                                 ● 明らかに成魚放流のヤマメ。「コンディションは良かった」とか


 興味がわいた方のために、先日、TRA(津江リバーアクト)釣り場造り委員の文月が、短い時間ですが、

規制区以外の場所をフライ・フィッシングで釣り歩いてきたとのことで、その時の様子を。

「ドライ&ウェットフライを使用、水量は普通だが、やはり数は出ない」、

「よく流れを観察し、あきらめずに丁寧な釣りを続けていれば、時折、竿が曲がる」、

「釣れない…と、投げやりになっているときに限って、ドンッ!とくるので集中力の維持が肝」、だとか。

「昔から人気のある場所を釣った」、とのことです。



奥津江-モンカゲロウ-4-24-横a

「規制区には無い自由な空気・解放感があるのも良い」、

それも、また大切なことですね!


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


スポンサーサイト



[ 2013年04月29日 11:47 ] カテゴリ:渓流釣り | TB(-) | CM(-)