FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  ● 遊漁規則 >  遊漁(魚釣り)についてのお願い-1

遊漁(魚釣り)についてのお願い-1

 当漁協は、大分県・日田市・中津江村にあり、

中津江村・上津江町・阿蘇郡小国町の津江川水系、本流~小支流を管轄しています。

現在は中間育成場(養殖場)を持ち、主にそこで育てたアユやヤマメを

蜂の巣湖(下筌ダム湖)を含む各河川へ放流して釣り場を保っています。

 管轄内には「遊漁規則(魚釣りをする人が、守らなければいけない決まり事)」があり、

「遊漁券の購入」も、管轄内河川で釣りをするための大切な決まり事の一つです。

遊漁券販売の収入は魚を育成するうえで欠かせません。

以前に比べると遊漁券無購入による違反者は、随分、減少しました。

これも、多くの方々のご理解とご協力の賜物です。

奥津江を訪れる釣り人に、質の高い魚をより多く釣ってもらうためにも、

遊漁規則の確認・遊漁券の購入を忘れずに、魚釣りを楽しんでくださいね。



遊漁券セット/見本
● 遊漁券の偽造は固く禁じられています


①「遊漁規則と漁場案内図」
釣り人が守らなければいけない規則と当漁協の管轄内河川が載っています。
遊漁券を購入するときに必ずもらえるので、特に、初心者の方や奥津江での釣りが初めての方は必読です。

②「遊漁承認証」
遊漁券の中で、もっとも大切なものです。汚したり失くさないよう、大切に携行してください。

③「木製鑑札」
木製の遊漁証です。ベスト等の目立つ場所に付けて遊漁してください。

④「車載用鑑札」
車内等に備え付ける遊漁証です。監視員の見つけやすいところに置いて遊漁してください。



 尚、遊漁券には、年券(遊漁期間をとおして有効)と一日券(一日のみ有効)があり、

年券は、渓流券(あゆ以外の魚種)・あゆ券・全魚種券の三種類、

一日券は、渓流券・あゆ券の二種類あります。

ご自身が違反者として扱われないためにも、事前に遊漁規則のご確認・お問い合わせの上、遊漁してください。

遊漁に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。 「遊漁(魚釣り)についてのお願い-2」へ続きます。



ブログ用/総合連絡先



スポンサーサイト



[ 2013年04月02日 10:13 ] カテゴリ:● 遊漁規則 | TB(-) | CM(-)