FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  2013年08月

津江漁協から、梅野川C&R区間放流のお知らせです

放流-集合-1
● 育成池の中でオスとメスを選別し、今回はオスを中心に約250尾を当区間へ放流。 遊漁期間中のまとまった放流はこれで最後




 本日、8月29日(木)、梅野川C&R区間にて今年最後の成魚放流をおこないました。

今回は親魚として確保・育成していた魚の余剰分の放出であるため、

サイズの大きなオスが中心です。 尚、渓流シーズン終盤は、密漁・無券等の違反者が増える傾向にあります。

それを踏まえ、これから禁漁までの期間、当区間では特に巡察・警戒を強化します。

遊漁中、違反者を発見したお客様は漁協までご連絡ください。 対応いたします。 




放流-ヤマメ
● 婚姻色のでた鼻曲がりのオスヤマメ。 暑さが続く中でも確実に季節は進んでいる。 完熟まであと少し…産卵時期が楽しみだ




大切に育てた魚たちです。 最終日まで、ルール&マナーの遵守をよろしくお願いしますね。




● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

スポンサーサイト



[ 2013年08月29日 21:54 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)

8月25日(日)、津江漁協管轄内、主要河川状況です

現在、先日からの雨で管轄内全河川、濁流。 
非常に激しく増水しており、しばらく遊漁は厳しい状況です。 画像は本日正午頃の様子です。



川原川・上野田川/合流点周辺
川原川/集合
● 川原川/平水より110~160cm高、濁流  ● 上野田川/平水より100~130cm高、濁流



津江川/川辺橋周辺
津江川/集合
● 津江川/平水より200~250cm高、濁流



梅野川/C&R区間
梅野川/集合
● 梅野川/平水より150~200cm高、濁流



● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年08月25日 16:16 ] カテゴリ:● 主要河川状況 | TB(-) | CM(-)

『八月の尺ヤマメ』 大分県・梅野川C&R区間!

梅野川-風景-縦-2
● 山岳渓流の趣がある上流部は、木陰が多く涼しいため夏場は特に人気がある



 暑い日が続きますね。 皆さん、体長はお変わりありませんか?

さすがに朝晩は涼しくなってきたとはいえ、ここ奥津江も日中はまだまだ暑いです。

このような状況ですから、管轄内で特にヤマメ釣りのお客様をお見かけするのは、

マズメ時か天気の崩れたときくらいでしょうか。

梅野川C&R区間に限って言えば、平日でも夕立やイヴニング狙いでお客様が入っていますが、

なかなか厳しいようです。 そんななか、釣り場造り委員会の文月(フライ)が調査を兼ねて

先日、リリース区間を釣ってきたとのこと。 

結果からいうと、「ボーズを覚悟した」、というくらい厳しかったそうです。



梅野川-8月-尺ヤマメ-縦

梅野川-8月-尺ヤマメ-横
● 下流で竿を絞り込んだ32cmの綺麗な夏ヤマメ。婚姻色が現れるのも時間の問題



お客様の邪魔にならないよう、午前中、下流を中心に釣ったそうですが、

「魚の気配がない。 汗だくのなか、粘りに粘っての一本だった」、ということです。

そろそろ、追加放流を…と、考えています。

その際は、こちらでお知らせするかもしれません。

しかし、もうお盆ですか…渓流シーズンも残り50日。 早いですね…!




梅野川-風景-縦-3



● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年08月10日 18:43 ] カテゴリ: 梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)

平成25年度、管轄内、外来魚駆除試験を実施しました!

駆除/写真集合
● 電気ショッカーボートを用いた一連の作業風景/①ボート(全国内水面漁連所有)をトラックで運んでくる ②ボートを皆で組み立てる
③すくう係りがポイントを指示、操船してもらって電流を流す。水中で一瞬気絶した魚をすくうには反射神経と共にタモを振り回す腕力が必要





 先日の8月7日(水)・8日(木)に、今年で3年目の電気ショッカーボートによる外来魚駆除試験を、

漁協、大分県農林水産研究指導センター水産研究部、津江リバーアクトのメンバーでおこないました。

 今年はダムの貯水位が例年に比べ高いため、駆除範囲が広く深くなり、主な採捕対象である

ブラックバスは、一日目/21尾、二日目/21尾、計42尾という予想を下回る採捕数となりました。

今後は、延縄を用いて引き続き駆除をおこなう予定です。




駆除/水揚げ/一日目
● 一日目/(上)午前の採捕結果9尾 (下)午後の採捕結果12尾

駆除/水揚げ/二日目
● 二日目/採捕結果 21尾(タバコのケースは10cm)




 尚、この電気ショッカーボートによる外来魚駆除試験は大分県内各所で今後も行われます。

大分県農林水産研究指導センター水産研究部の方々、津江リバーアクトのメンバー、

この度は、炎天下のなかお疲れさまでした!




駆除/作業中-2a
● 管轄内の水産資源を守るため、外来魚の駆除は今後も必要と考えている



● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年08月10日 14:49 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)

『漁協って、どんな職場?』 高等学校の生徒による職場見学

職場見学/ハウス内
● 職場見学にきた日田三隈高等学校の生徒さんと日田市農業振興課の職員さん



 先日、7月31日(水)に、大分県立日田三隈高等学校の2年の生徒さんが

日田市農業振興課の方とともに、中間育成施設へ職場見学にいらっしゃいました。

今回は、主に魚の育成についてのお話や施設のご紹介などをおこないましたが、

この生徒さんは、今まで「アユやヤマメを、見たことも食べたこともない」ということで、

実際に育成場の魚に触れてもらい、帰りには、水産加工業の側面を知っていただくために

特製の甘露煮やヤマメのイクラを、お土産としてお渡ししました。

 当漁協にとって、アユやヤマメの育成という分野は内水面事業の一部分ですが、

育成を生業としたいと思う人間にとって、「なぜ、どうやって魚を育てるのか?」ということを考え、

実際に現場(育成場等)へ足を運んでみる、ということはとても重要なことであり、

これは、他の職業へ就く際にも当てはめ得る考え方だと思います。

そういう意味で、今回の体験が、将来おこなわれる生徒さんの職業選択の際に、

少しでもお役に立てることになれば幸いです。

こちらも内水面事業に興味を持つ若い方とお会いし、お話をすることができて、大変、刺激を受けました。

見学にいらっしゃった、日田三隈高等学校の生徒さん、頑張ってくださいね!

引率の日田市農業振興課の方もお疲れ様でした。



職場見学/集合写真
● 給餌を体験中の生徒さん。 熱心に話しを聞き、写真を撮る姿に感心しました。 応援しています!



● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年08月03日 12:01 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)

津江漁業協同組合、事務所移転のお知らせです

この度、津江漁協は、中津江振興局そばに在った事務所を、

同村合瀬地区にある中間育成場へ移しました。

その目的は、あまり利用されていなかったこれまでの事務所を引き払い、

育成場と事務所を統合管理することで、経費節減や利便性の向上を図ることにあります。

これにより、現在、「遊漁規則と漁場案内図」や「梅野川C&R区間のお知らせ」などに記載している

代表連絡先の住所や電話番号が変わります。 この先、お問い合わせやお知らせ等のある場合は、

以下へよろしくお願い致します。 



津江漁業協同組合
〒877-0302 中津江村合瀬1401番地(中間育成施設内)
TEL 0973-54-6001

(尚、FAX番号、Eメールアドレスについては従来のままですので、総合窓口を合わせてご覧ください)


ブログ用/総合連絡先

● 津江漁業協同組合/遊漁規則



[ 2013年08月02日 15:33 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)