FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  2013年04月

FLY FISHINGで奥津江の渓を釣り歩き!

 みなさん、連休、如何お過ごしでしょうか? GWも後半を迎えますね。

先に紹介した梅野川C&R区間も、連日、多くのお客様で賑わっており、良いサイズもあがっているようです。

しかし、人の多さ・プレッシャー・タイミング等で、なかなか思うような釣りができない方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか? そんなときは、一般の河川に足を運んでみてはいかがでしょうか。

特に年券を購入されている方には、シーズンを通して管轄内を広く釣り歩いてみることをおススメします。

 一般の河川は、通常の遊漁規則のみであるため、規制区(C&R区間等)とは違い、釣獲目的のお客様が多く、

魚の減少も早いようですが、毎年、各河川に多くの稚魚を放流していることもあり、

「魚がいない」、「釣りきられる」、ということは、まず、無いといえるでしょう。 

エサ釣りのお客様を中心に、約16~20cmのヤマメが春先から上流域で多く釣られているとも聞きます。 

シーズンが進めば数釣りはできないかもしれませんが、思わぬような魚との出会いもあるようですから、

連休を手始めに、広くチャレンジしてみてはいかがでしょうか!



奥津江-ヤマメ-4-24-縦a
                   ● 丸々と肥えた嬉しい一尾。一般河川は稚魚放流された野性味のある魚が釣れるのも魅力

奥津江-ヤマメ-4-24-横a
                                 ● 明らかに成魚放流のヤマメ。「コンディションは良かった」とか


 興味がわいた方のために、先日、TRA(津江リバーアクト)釣り場造り委員の文月が、短い時間ですが、

規制区以外の場所をフライ・フィッシングで釣り歩いてきたとのことで、その時の様子を。

「ドライ&ウェットフライを使用、水量は普通だが、やはり数は出ない」、

「よく流れを観察し、あきらめずに丁寧な釣りを続けていれば、時折、竿が曲がる」、

「釣れない…と、投げやりになっているときに限って、ドンッ!とくるので集中力の維持が肝」、だとか。

「昔から人気のある場所を釣った」、とのことです。



奥津江-モンカゲロウ-4-24-横a

「規制区には無い自由な空気・解放感があるのも良い」、

それも、また大切なことですね!


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


スポンサーサイト



[ 2013年04月29日 11:47 ] カテゴリ:渓流釣り | TB(-) | CM(-)

梅野川C&R区間、初夏の陽気に良型が躍る!(二)

最初の魚を獲った後、直上で竿を熨したライズの主は36cmの大ヤマメ。

4-25-梅野川CR区間-ヤマメ-36cm-縦

4-25-梅野川CR区間-ヤマメ-36cm-横
                                  ● よく肥えたヒレピンのヤマメ(♂)36cmに「文句なし」だとか


肌艶・肥え具合・欠損のない発達した各ヒレ、何れも申し分なく、ロッドを曲げ倒したそうです。

「五月以降、年に何本かは、こんな魚が釣れるから油断ならない!」とのことでした。

総合的な釣果は、36・34・29cmの三本。

「早朝は水温が低すぎたせいか、魚の動く気配すらなかったが、

日当たりの良い場所を探しながら移動。 水温の上昇とともに次第にハッチと散発なライズも」で、

「この日のイヴニングは、かなり良かったんじゃないだろうか?」ということでした。

余程、上手く縄張りを持てたんでしょうね。 初夏らしい肌艶の良い体躯のヤマメです。 

昨年の水害やそれに伴う工事の影響でコンディションの心配していたのですが…杞憂でしょうか?

梅野川、今年も釣れていますね! 連休以降もこの調子で釣れて欲しいところです!


● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口



[ 2013年04月27日 12:20 ] カテゴリ: 梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)

梅野川C&R区間、初夏の陽気に良型が躍る!(一)

4-25-奥津江-景色


ついに大型連休に突入しましたね! 

こちらでは、渓を吹き抜ける風も、降り注ぐ陽射しも、すでに初夏の装い。

まさに、今、「若葉萌ゆる!」といった様相で、奥津江にあるすべてが心地よい、そんな感じです。

連休中、アウトドアレジャーをお考えの方は、ぜひ、奥津江にお越しください! 

里を流れる多くの谷川には漁協が育成・放流したヤマメが泳いでおり、連日、沢山の釣り人で賑わっています。

「ヤマメを釣ってみたい!」という初心者の方から、「大物を釣りあげたい!」といったベテランさんまで、

新緑の季節、奥津江の渓でヤマメを追いかけてみませんか? 心躍る出会いが待っているかもしれませんよ!

 尚、魚釣りをされる方は、遊漁規則の確認・遊漁券の購入を忘れないでくださいね。

● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー



 さて、ここからは、そんな、連休中に奥津江でヤマメを釣りたい方への近況報告です。

TRA (津江リバーアクト)釣り場造り委員、文月(フライ)からのレポートを中心にまとめましたので、

遊漁の際のご参考になれば幸いです。 まずは、「梅野川C&R区間」から。 

 ここは、津江川の支流・梅野川の一部をキャッチ・アンド・リリース及び

擬似餌釣り専用区間にした釣り場で、ヤマメの数・大きさともに、奥津江、屈指の釣り場であり、

放流や違反者の監視等、漁協の管理が強くおこなわれている釣り場でもあります。 当区間をご利用のお

客様のルール&マナーに対する意識も高く、ビギナーからベテランまで安心して釣りを楽しむことができます。

「これからの季節は、マズメ。 特にドライ・フライでライズを獲るなら夕マズメ」、そして、

「タイミングの問題・川の状況・釣り人の多さ等、魚影が濃くても常に良い釣りになるとは限らないので、

とにかく魚を釣り上げたい人は、あらゆるフライ・釣り方を試みたほうがよい。

そのための準備をして臨むことが大切だろう」とのことです。



4-25-梅野川CR区間-ヤマメ-34cm-縦
● 早朝、ドライ・フライに出た34cmのヤマメ(♀)

4-25-梅野川CR区間-ヤマメ-34cm-横
● 日当たりの良い場所でライズ。フライは12番のカゲロウタイプ


 因みに、この日の最低気温は4℃だったそうで、

温暖なイメージの九州といえども山地の朝は冷え込む時があります。

特に車中泊をされる方は、防寒対策も怠りなく。

(二)へ続きます。


ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年04月27日 10:29 ] カテゴリ: 梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)

新緑の梅野川C&R区間

日田市-加藤氏-1a

日田市-加藤氏ヤマメa
● 釣りの合間にお邪魔して撮影。加藤氏は同区間の常連さんの一人



 水面にカディスを浮かべて一尾。 少し、沈めてピューパで一尾。

先日、夕刻の梅野川を釣り上がっていたのは、日田市在住のフライマン、加藤さん。

ゆったり歩き、そして、快調に竿を曲げていました。 ・・・いいですね、夕景と釣り人って。

 こちらでは藤が終わり、そろそろ本格的な新緑の季節を迎えそうです。



2013-モンカゲロウa
● モンカゲロウが羽化していました



● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年04月20日 10:51 ] カテゴリ: 梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)

梅野川C&R区間、ルアーフィッシングで36cmのヤマメ!

2013-4-9梅野 36cm②a

2013-4-9梅野 36cm①a
● 梅野川C&R区間 / ルアー・フィッシング / HDミノー / ヤマメ / 36cm


 先日、梅野川C&R区間に来ていたルアーフィッシングのお客様からの釣果情報です。

「水温は9℃、HDミノーをダウンキャストしてのヒット!36cmでした」とのことです!

先にご紹介したフライのお客様のヤマメもそうですが、痩せておらず、良いコンディションですね。

育成・放流している立場として、工事が続いているという状況から心配していましたが、

嬉しいご報告が続いて、少し、ホッとしております。

 「こんなに楽しめるフィールドは他には少ないと思います」 暖かい言葉、励みになります。

ですが、同区間を「楽しい」と感じていただけるのは、ご自身が良い釣り人であるからではないでしょうか。

多くのお客様に永く愛される釣り場になるよう、これからも、管理・運営、頑張りますね。


● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口



[ 2013年04月17日 16:41 ] カテゴリ: 梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)

災害復旧工事に関するお知らせです

 一つ、梅野川支流、藤蔵川の下流において、護岸崩落個所の復旧工事が始まります。

それに伴い工事現場周辺から下流にかけ、特に、平日、激しく濁りのでる可能性があります。

 一つ、梅野川支流、県道9号線沿い長谷川においても工事が始まり、工事現場周辺から下流にかけ、

平日、強く濁りが出ることが予想されます。 遊漁者の皆様にはご不便をおかけします。

釣行の際のご参考にして下さい。   


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年04月16日 15:05 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)

蜂の巣湖(下筌ダム湖)の遊漁規則

 蜂の巣湖(下筌ダム湖)の遊漁規則についてです。 当ダム湖を遊漁される方は「必読」でお願いします。

蜂の巣湖-春-a
● 桜咲く春の蜂の巣湖



 蜂の巣湖は、津江川の下流域に下筌ダムを建設したことで生まれた人造の湖です。

この湖は、当漁協の管轄する内水面下にあり、遊漁をおこなう際には遊漁規則を守らなければいけません。

すでに多くの方がご存じだとは思いますが、特に注意していただきたい点を記します。

蜂の巣湖(下筌ダム湖)内では、内共第12号遊漁規則第3条第3項に明記されているとおり、現在、

「船(ボート等)を用いておこなう遊漁は許可されていません」。

奥津江にお越しのお客様で、湖内に、船・ボート・フローター等を用いて遊漁している違反者を見かけた場合は

漁協までご連絡ください。 対応いたします。 また、湖にも魚種によって漁期が存在します。 

「遊漁(魚釣り)についてのお願い-2」で確認できますので、よろしくお願い致します。

 尚、蜂の巣湖も組合員による見回りをおこなっています。 

ご自身が違反者として扱われないためにも、事前に遊漁規則のご確認・お問い合わせの上、遊漁してください。



蜂の巣湖-ボート等乗り入れ禁止告知-a-jpg

 

 蜂の巣湖の遊漁利用について、現在、多角的に検討しているところですが、

このダム湖が、今後、どのように利用されいくか、現状がとても重要になってきます。

ルールやマナーを守る釣り人にとって、楽しく、良い釣り場になって欲しいと願っています。

遊漁者の皆様も、ダム湖という釣り場の維持・管理にご協力ください。

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年04月16日 14:39 ] カテゴリ:蜂の巣湖 | TB(-) | CM(-)

梅野川C&R区間、フライ・フィッシングで35cmのヤマメ!

 さて。 先週末は気温も上がり、ヤマメ釣りのお客様がドッと増えました。

アユの放流、違反者の対応等で忙しくしていたこともあり、

情報が入りやすい梅野川C&R区間についての話ばかりになってしまいますが、

冷え込みの影響が残ったこと、濁りがでていた等で、皆さん、なかなか厳しかったようです。

土曜日は、あまりにキツク濁りが出たので、実は、業者の方に無理を言って濁りを「抑えて」もらったり。

 梅野川の災害復旧工事はすでに終わっています。 しかし、上流にある支流筋の崩落箇所が思ったよりも多く、

なかなか工事が終わらないようです。 極力、遊漁に影響が出ないよう、漁協としても注視していきますが、

間違いなく魚は入っており、今週末のお客様の中にはフライ・フィッシングで

35cmの良型を釣られた方もいらっしゃることから、皆さんも、あの手この手でチャレンジしてみてくださいね!

※この記事は前述のアユの記事にまとめていたものですが、
せっかくですので梅野川C&R区間の記事として、分割、掲載しました。




2013-4-梅野川CR区間-35cm
● 梅野川C&R区間 / フライ・フィッシング / ドライフライ / ヤマメ / 35cm


● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年04月15日 07:00 ] カテゴリ: 梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)

頭の痛い話です

 このところ、規則に関しての記事を頻繁に上げていますが、二つの理由があります。

一つ目は、この公式ブログを通して、奥津江での遊漁とそれに伴う規則についての周知を、

素早く広くおこないたいということ(web上での窓口開設はこの理由が大きな割合を占めています)、

二つ目は、最近、違反者の方々の対応に追われる日々が続いているからです。

 何れ、きちんとお話をしていこうと思っている事柄なので、この場では深く取り上げませんが、

管轄内一般河川・専用区(梅野川C&R区間)・蜂の巣湖・・・休む暇もない状況に、大変、苦慮しております。


もう一度、言います。 現在、大変、苦慮しております。


 当漁協は、ここ奥津江を、多くの釣り人で賑わいを見せる活気ある釣り場にするべく、

関係各位の皆様と共に、千思万考、試行錯誤しながら釣り場造りを進めています。 

そして、やがては大勢の遊漁者の皆様に「奥津江は良い釣り場になったな」と言われるようにしたいと

思っています。 私共は、良い釣り場というものは、遊漁者の皆様と漁協との良好な関係があってこそ

成り立つものではないかと考えます。 この先、大型連休も控えております。

私共にも、力不足な点・不備な点は多々ありますが、どうか、今一度、

遊漁規則を確認の上、遊漁を楽しんで下さいね。

宜しくお願い致します。


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年04月14日 19:23 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)

稚アユの放流が一段落つきました

 先日、三回目の稚アユの放流をおこないました。

平均5gを今回は約8,000尾放流。 これで稚アユに関してのまとまった放流は一段落つきました。

鮎放流3回目a
● 当漁協の組合長も積極的に放流

鮎放流3回目b
● 途中、駆けつけて放流を手伝う組合員も

鮎放流3回目c
● 川へ放された稚アユの水中写真。元気に泳いでいく姿は幸せな気分にしてくれます


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口



[ 2013年04月14日 17:39 ] カテゴリ:アユ釣り | TB(-) | CM(-)

引き続き稚アユの放流をしています

 肌寒い日が続きますね。

このところの寒の戻りは、花冷え、春寒、どちらといえばいいのか分かりませんが、

奥津江では、小雪のちらついた日もあったりと、暖かな陽ざしが恋しくなる日々です。

 そんななか、引き続き稚アユの放流を進めています。

今日は、一尾平均5gを約30,000尾放流、寒さでふるえる我々とは対照的に元気に泳いでいきました。


NCM_稚アユ放流2回目-4a
● 川へ放される直前の稚アユ。非常にコンディションは良い

NCM_稚アユ放流2回目-3a
● 放流する、漁協・永瀬。放流には氏の頑張りが欠かせない


 こういう状況なので、上流域・本流釣り・梅野川C&R区間等、

ヤマメを対象とした釣りは何れも厳しいようです。しかし、考えようによっては、

魚を休ませる良い機会かもしれませんね。日を置けば竿を曲げてくれる魚も増える…はず。

早く、また暖かくなってほしいものです。


IMG_梅野4月a
● 菜の花と梅野川


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年04月11日 19:57 ] カテゴリ:アユ釣り | TB(-) | CM(-)

梅野川C&R区間の遊漁規則とお願い-2

同区間のルールと知っておきたいモラルを記載したフライヤーのご紹介です。

梅野川CR区間/告知(ブログ用)
● 同区間のルールと知っておきたいモラルを記載したフライヤー


 このフライヤーは、同区間の遊漁規則とお願いを告知するためのものです。

制作した主な理由は、同区間をご利用のお客様から、

「最近、損傷した魚を見かける機会が増えた」との声が寄せられはじめたこと、

魚を粗略に扱う遊漁者が一時的に増えたことが主な理由です。

例えば、口以外の場所へ故意に引っ掛けていた人や、

釣れた魚を河原へ引き上げ足で押さえつけていた人の話etc。

ひょっとしたら、「あの時期かな?」と思い当たる方もいらっしゃるかもしれません。

同区間を訪れる殆どのお客様は、ルールを尊ぶマナーの良い方ばかりですが、そのような時期もありました。

しかし、未だに、年に幾度か、漁法(釣りの種類)問わず、

特に「無券」で注意を受ける方々もいらっしゃることを考えれば、ルールやマナーの周知に対する、

我々の努力不足も反省しなければならないものと考えます。

 ご自身が違反者として扱われないためにも、梅野川C&R区間を遊漁される際には、

今一度、ルール&マナーのご確認・お問い合わせの上、遊漁してください。 

宜しくお願い致します。


ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年04月11日 16:08 ] カテゴリ:梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)

梅野川C&R区間の遊漁規則とお願い-1

梅野川C&R区間の遊漁規則と漁場案内図を掲載します。
特に初心者の方や同区間を初めてご利用になる方は「必読」でお願いします。


梅野川C&R区間は、大分県・日田市・中津江村を流れる、
津江川の支流、梅野川の下流に設けられた大分県では唯一の、
擬似餌釣り専用C&R(キャッチ・アンド・リリース)区間」です。
 

梅野川CR区間/利用料金表
● 遊漁券の購入に関しては「遊漁券販売所一覧」をご覧ください



「津江川との合流点から梅野橋間の約2.5kmは、
擬似餌釣り専用区間です。 漁法厳守の上で楽しんで下さい。
尚、同区間内はC&R(キャッチ・アンド・リリース)が
義務づけられています。 通常の遊漁規則に加え
専用の規則を設けています」


梅野川CR区間-地図-a-jpg
● 梅野川C&R区間の遊漁規則と漁場案内図



 尚、梅野川C&R区間は、漁協やボランティアによる放流、同区間を利用する釣り人たちが

ルールとマナーを守ることで成り立っている釣り場です。
 密漁による魚の減少や遊漁規則違反者を防ぐため、

組合員による見回りを強くおこなっています。 遊漁中、巡回している組合員に出会った場合は、各自、

ご協力をお願い致します。 また、遊漁中、違反者を見つけた方は漁協まで連絡してください。 対応致します。 

釣り場の維持・管理にご協力ください。 重ね重ね、よろしくお願い致します。

「梅野川C&R区間の遊漁規則とお願い-2」へ続きます。



ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年04月11日 14:59 ] カテゴリ:梅野川C&R区間 | TB(-) | CM(-)

遊漁(魚釣り)についてのお願い-2

遊漁規則についての詳細です。 遊漁券販売所一覧も掲載しています。
奥津江に釣りへ来る際は「要確認」の上、お願いしますね。


「川を愛する遊漁者のみなさまへ。
津江漁業協同組合では管轄内の釣り場環境を
守っていくために、次のような遊漁規則を定めています」


遊漁規則_ブログ用-a
梅野川C&R区間及び蜂の巣湖については別記もあります

遊漁規則_料金表-a
● 当管轄内における遊漁券の料金表です。 遊漁の際は参考にしてください

遊漁券販売所一覧(ブログ用)
● 当漁協の遊漁券販売所一覧です。 遊漁の際は参考にしてください


尚、「空カンやビニール類をはじめ、
釣り場で出たゴミは各自でお持ち帰り下さい。
一人一人のご協力をお願いします」



お問い合わせ等、ありましたら津江漁協までご連絡ください。


ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年04月11日 10:49 ] カテゴリ:● 遊漁規則 | TB(-) | CM(-)

津江川・本流の銀化ヤマメ

2013-3-津江川本流ヤマメ-1a
● エサ釣り / 津江川本流 / 銀化ヤマメ / 約29cm


 津江川本流筋も、ジワジワ釣れているようです!

写真をいただいたエサ釣りのお客様によりますと、

「暖かくなってきて、食い物が増えてきたからだろう。魚のコンディションも良くなってきた」

と、いうことです。この先、本流筋は面白くなるかもしれません。

…しかし、脂ビレの有無(標識魚)の確認・連絡も、どうかお忘れなく!


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年04月05日 17:13 ] カテゴリ:本流釣り | TB(-) | CM(-)

蜂の巣湖の銀化ヤマメ

2013-3-蜂の巣湖-ルアー3a
● ルアーフィッシング / 蜂の巣湖 / 銀化ヤマメ / 20~28cm


 上の写真は、先日、蜂の巣湖(下筌ダム湖)で

ルアーフィッシングをされていたお客様からいただいたものです。

銀化したヤマメで、20~28cmほどのサイズを数匹釣られていたようです。

残念ながら、脂ビレをカットしている標識魚(※)か否かの確認はしていないとのことですが、

この先、早春から初夏にかけて、渓流と湖を行き交う釣り人の姿が、

奥津江の風物詩になればいいなァ、と思っています。

(※)特に本流~湖にかけてヤマメ釣りをされる方は、
釣った魚が標識魚であるか否かの確認・連絡をお願いしますね。


● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 蜂の巣湖(下筌ダム湖)の遊漁について

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

[ 2013年04月05日 16:09 ] カテゴリ:蜂の巣湖 | TB(-) | CM(-)

アユの稚魚放流を始めています

 渓流釣りがクローズアップされがちですが、

奥津江は、知る人ぞ知るアユの釣り場でもあることをご存知でしょうか?

ダムのある関係から短い漁場となりますが、

水がきれいなこと・引きの強さ・大きさ・食味の良さで人気があり、

シーズンともなれば、処々方々から腕利きのアユ釣り師たちが集まり賑わいをみせます。

そんな、「津江鮎ファン」の皆様のために、今年も稚魚放流を始めています。

先日、初回の約30,000尾を放流し終え、最終的には約70,000尾を放流する予定です。

大きく、太く育って、一人でも多くのお客様を唸らせてほしいものです!


2013-あゆ放流-1a
● 群れ泳ぐ育成池の稚アユたち

2013-あゆ放流-2a
● 今年のアユも人工産を用い、育成は順調に進んでいる

2013-あゆ放流-4a
● 漁協・永瀬による稚アユ放流風景


 尚、アユ釣りの解禁は、毎年、七月初旬ごろですが、

正式な解禁日は、河川や魚の状態をみたうえで漁協内で協議・決定し、関係各所へお知らせします。


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年04月05日 14:53 ] カテゴリ:アユ釣り | TB(-) | CM(-)

遊漁(魚釣り)についてのお願い-1

 当漁協は、大分県・日田市・中津江村にあり、

中津江村・上津江町・阿蘇郡小国町の津江川水系、本流~小支流を管轄しています。

現在は中間育成場(養殖場)を持ち、主にそこで育てたアユやヤマメを

蜂の巣湖(下筌ダム湖)を含む各河川へ放流して釣り場を保っています。

 管轄内には「遊漁規則(魚釣りをする人が、守らなければいけない決まり事)」があり、

「遊漁券の購入」も、管轄内河川で釣りをするための大切な決まり事の一つです。

遊漁券販売の収入は魚を育成するうえで欠かせません。

以前に比べると遊漁券無購入による違反者は、随分、減少しました。

これも、多くの方々のご理解とご協力の賜物です。

奥津江を訪れる釣り人に、質の高い魚をより多く釣ってもらうためにも、

遊漁規則の確認・遊漁券の購入を忘れずに、魚釣りを楽しんでくださいね。



遊漁券セット/見本
● 遊漁券の偽造は固く禁じられています


①「遊漁規則と漁場案内図」
釣り人が守らなければいけない規則と当漁協の管轄内河川が載っています。
遊漁券を購入するときに必ずもらえるので、特に、初心者の方や奥津江での釣りが初めての方は必読です。

②「遊漁承認証」
遊漁券の中で、もっとも大切なものです。汚したり失くさないよう、大切に携行してください。

③「木製鑑札」
木製の遊漁証です。ベスト等の目立つ場所に付けて遊漁してください。

④「車載用鑑札」
車内等に備え付ける遊漁証です。監視員の見つけやすいところに置いて遊漁してください。



 尚、遊漁券には、年券(遊漁期間をとおして有効)と一日券(一日のみ有効)があり、

年券は、渓流券(あゆ以外の魚種)・あゆ券・全魚種券の三種類、

一日券は、渓流券・あゆ券の二種類あります。

ご自身が違反者として扱われないためにも、事前に遊漁規則のご確認・お問い合わせの上、遊漁してください。

遊漁に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。 「遊漁(魚釣り)についてのお願い-2」へ続きます。



ブログ用/総合連絡先



[ 2013年04月02日 10:13 ] カテゴリ:● 遊漁規則 | TB(-) | CM(-)