FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  2013年03月
月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

よろしくお願いいたします!

このたび、津江漁業協同組合の
インフォメーションの場として、公式ブログ
「奥津江河原新報 - おくつえかわらしんぽう - 」
を開設しました。管轄内河川での遊漁の状況や、
イベント等の告知をしていこうと思っています。
よろしくお願いいたします。





 さっそくですが、新しい企画についてお知らせがあります。

「蜂の巣湖を利用した、ヤマメ(サクラマス)の標識魚試験放流調査」についてです。

詳細は、「津江リバーアクト/TSUE RIVER ACT・2013年やまめ放流会(ミーティング参加者限定資料

要参照)」で発表しましたが、これまで上流域を中心におこなってきたヤマメによる活性化策を

下流の蜂の巣湖を取り込むかたちで広げ、「一つの大きなヤマメ釣り場としての奥津江」を目指すべく、

本年より、ヤマメを用いたダム湖の積極的な利用をおこなっていきます。

すでに標識魚を対象とした遊漁調査は始まっており、釣獲の知らせも届いています。

今年(2013年)は、湖に約2,500尾の「脂ビレを切除した」ヤマメを放流しています。

今後の適切な放流数・放流場所・放流時期等を見極めるため、

遊漁の際、標識魚を釣られた方は、ぜひ当漁協へご連絡ください。

 尚、この遊漁調査につきましては、特別な方法・資格・制限・義務・特典等は設けていません。

個人でおこなう通常の遊漁で結構です。釣り場での事故やトラブルに、十分、注意してお楽しみください。

 標識魚試験放流については、

(株)地球丸 Fly Rodders(フライロッダーズ)さん、五月号にも掲載されています。合わせてご覧下さい。

(株)地球丸 フライロッダーズ5月号A
● P114に掲載されています




 次は「梅野川C&R区間」についてのお知らせです。

昨年、夏の水害による復旧工事が各所で続いていましたが、関係者のご尽力で大きな工事は終了、

重機等も区間内にはありません。上流の支流で工事が続いているため濁りはありますが、

それも四月中旬頃には収まる見込みです。これに合わせ、先日、本格的な放流を実施しました。

始点(間地橋)から終点(梅野橋)まで、良い魚が確実に入っています。

当区間に限って言えば、今週末が解禁となったといえるでしょう。

渓相が落ち着くまでには、まだまだ時間はかかりそうですが、

お客様をお迎えする準備が整いましたこと、大変、嬉しく思います。

約2.5㎞と短いC&R区間ですが、今年も小渓流でおこなうビッグフィッシュとの駆け引きをご体感ください。

2013-3-梅野川ヤマメ-29~33cmA
● 梅野川C&R区間放流前29~33cm

2013-3-梅野川ヤマメ放流A
● 梅野川C&R区間、漁協・内間による放流風景




 最後に管轄内全般の釣果報告についてです。

エサ釣りの方のご報告によると、津江川・上野田川の上流域で20~24cmほどのヤマメが釣れているようです。

いずれもヒレピンの美しい魚体ばかりということでしたから、日頃おこなっている稚魚放流の成果だと思います。

こういう報告をいただくと漁協としても励みになります。

この先、益々、渓流釣りには良い季節になりますね。

ビギナーの方からベテランの釣り師まで、幅広いお客様のご来訪をお持ちしております。




● 津江漁業協同組合/遊漁規則  ● 梅野川C&R区間のルール&マナー

● 蜂の巣湖(下筌ダム湖)の遊漁について

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口

スポンサーサイト



[ 2013年03月31日 18:48 ] カテゴリ:● お知らせ | TB(-) | CM(-)