FC2ブログ

津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」 TOP  >  渓流釣り

奥津江の谷に息づくヤマメたち!

5-29-谷川風景-4a
● 奥津江は谷川の釣り場であり、上流~源流域は大抵このように苔むしている


 六月です! 久しぶりの更新になります! 

大型連休の怒涛のような賑わいから暫く、九州もとうとう梅雨入りしましたね。

ようやく雨も降りだし、こちらの野山も潤いを取り戻しつつあります。

釣果にも、降雨・増水というタイミングが大きく影響しているようですので、

これからの季節、適度な雨なら魚も釣り人も大歓迎ではないでしょうか?

 今回は、先日、釣り場造り委員会の文月(フライ)が奥津江の谷川と梅野川C&R区間を釣ってきた

ということで、そのご報告になります。 先ずは谷川から。 場所は川原川上流。 管轄内全域、

増水による濁りが激しく、結果として濁りの薄い上流の谷へ逃げたということですが、ドライフライで釣り上がり、

20cm前後の魚が、そこそこ釣れたということです。 ここで注目すべきは、「3~5cmほどの幼魚を、多数、

確認した」、ということ。 これは、非常に嬉しく、興味深い知らせでした。 なぜなら、今年、その筋には一度も

稚魚を放流していないからです。 文月曰く、「過去、放流したものか、近年の放流によるものなのか、

原種(可能性は低いと思われる)なのか、魚の素性は分からないが、この谷のヤマメは再生産による定着を果た

し、谷は種川としての機能を有しているのではないか?」ということです。 



5-29-谷川ヤマメ-1a
● 「稀に良いサイズが混じる程度で、平時の川の状況を考えればこのサイズで成熟・産卵していても何ら不思議ではない」

5-29-谷川ヤマメ-2a
● 「このような新子を多数確認、将来的には再生産の有無を含めた調査を!」とのこと


 当漁協は、積極的な放流をおこなうことで釣り場を保っていますが、より良い釣り場造りをすすめていく上で、

魚や奥津江の自然をどう活かすかについても考えています。 昨年・梅雨末期の大雨という試練を越えて、

産卵・孵化・成長しているのか…と考えたとき、自然の恐ろしさと同時に生命の逞しさを感じて、

身が引き締まる思いです。 実は、このような事例の報告は多々あるため、遊漁者の皆様には、魚が釣れた際は、

釣獲制限・体長制限等の遵守をお願いします。

 尚、降雨時や増水した川で釣る場合は、平時以上にケガや事故に気を付けて楽しんでくださいね。



5-29-谷川風景-1a
● 「擦り減ったソールで安易に谷へ入るのは危険。万全の準備を!」


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


スポンサーサイト



[ 2013年06月01日 17:25 ] カテゴリ:渓流釣り | TB(-) | CM(-)

FLY FISHINGで奥津江の渓を釣り歩き!

 みなさん、連休、如何お過ごしでしょうか? GWも後半を迎えますね。

先に紹介した梅野川C&R区間も、連日、多くのお客様で賑わっており、良いサイズもあがっているようです。

しかし、人の多さ・プレッシャー・タイミング等で、なかなか思うような釣りができない方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか? そんなときは、一般の河川に足を運んでみてはいかがでしょうか。

特に年券を購入されている方には、シーズンを通して管轄内を広く釣り歩いてみることをおススメします。

 一般の河川は、通常の遊漁規則のみであるため、規制区(C&R区間等)とは違い、釣獲目的のお客様が多く、

魚の減少も早いようですが、毎年、各河川に多くの稚魚を放流していることもあり、

「魚がいない」、「釣りきられる」、ということは、まず、無いといえるでしょう。 

エサ釣りのお客様を中心に、約16~20cmのヤマメが春先から上流域で多く釣られているとも聞きます。 

シーズンが進めば数釣りはできないかもしれませんが、思わぬような魚との出会いもあるようですから、

連休を手始めに、広くチャレンジしてみてはいかがでしょうか!



奥津江-ヤマメ-4-24-縦a
                   ● 丸々と肥えた嬉しい一尾。一般河川は稚魚放流された野性味のある魚が釣れるのも魅力

奥津江-ヤマメ-4-24-横a
                                 ● 明らかに成魚放流のヤマメ。「コンディションは良かった」とか


 興味がわいた方のために、先日、TRA(津江リバーアクト)釣り場造り委員の文月が、短い時間ですが、

規制区以外の場所をフライ・フィッシングで釣り歩いてきたとのことで、その時の様子を。

「ドライ&ウェットフライを使用、水量は普通だが、やはり数は出ない」、

「よく流れを観察し、あきらめずに丁寧な釣りを続けていれば、時折、竿が曲がる」、

「釣れない…と、投げやりになっているときに限って、ドンッ!とくるので集中力の維持が肝」、だとか。

「昔から人気のある場所を釣った」、とのことです。



奥津江-モンカゲロウ-4-24-横a

「規制区には無い自由な空気・解放感があるのも良い」、

それも、また大切なことですね!


● 津江漁業協同組合/遊漁規則

ブログ用/総合連絡先
● お問い合わせ先総合窓口


[ 2013年04月29日 11:47 ] カテゴリ:渓流釣り | TB(-) | CM(-)